MacOS

提供: OSS
Jump to navigation Jump to search

MACはPages, Numbers, Keynoteが標準装備なので、いきなり仕事ができる環境が提供されています。Windowsが、Officeを購入する必要があるのに比べて大きなメリットとなっています。

WindowのOSのユーザーインタフェースがバージョンアップで必ずしも使いやすくなっていると言えないのに比べ、MACのユーザーインタフェースは当初の設計から順調に進化しているのが好感。 MACのフォントには定評があり、デザイナーには欠かせない環境です。

学生、企業にまだまだWindowsが標準的に導入されているのが実情ですが、MACを導入しても全く不便がない状況になってきています。

Windowsでは仮想化できませんが、macOSではWindowsやLinux、MACの他のOSなど、様々なOSを仮想化することで活用できます。

ソフトウェア OSS/商用 機能 特徴 配布元
FileZilla OSS FTP, SSH クロスプラットフォーム [1]
Resizedit.app 無料 イメージファイルのサイズを一括で変更 階層ごと一括変換 [2]
Atom OSS テキストエディタ Lessコンパイルなどプラグイン多数 [3]
7zX.app OSS 圧縮・解凍 クロスプラットフォーム [4]
CotEditor OSS テキストエディタ 正規表現での検索・置換 [5]
Oracle VM VirtualBox プロプライエタリ(3.xまで) / GNU x86仮想化ソフトウェア・パッケージ クロスプラットフォーム [6]